人員削減効果事例

猿鳶太助Ⅰ型を使用した場合のコストダウンの比較表

猿鳶太助を使用した場合での実際の人工数を計算しました。

 

ケース1:Uマンション(福岡市内)

img01

 

  • 施工m2:2500m2 10階建 くさび式足場
  • 手摺:内2外2 幅木:各層 落下防止ネット :2階層 メッシュシート:全面

 

  手揚げ(予定) 猿鳶太助(実績) 比較
組立 人工数:2,500m2÷40m2/人=62.5人
労務費:62.5人×@20千円=1,250千円
人工数:2500m2÷53.2m2/人=47人
労務費:47人×@20千円=940千円
人工数 15.5人工減
労務費 248千円減
解体 人工数:2,500m2÷60m2/人=41.7人
労務費:41.7人×@20千円=834千円
人工数:2,500m2÷75.8m2/人=33人
労務費:33人×@20千円=660千円
人工数 8.7人工減
労務費 139.2千円減
合計 総人工数:104.2人
総労務費:2,084千円
総人工数:80人
総労務費:1,600千円
総人工数 24.2人工減
総労務費 484千円減
※猿鳶太助をレンタルしてもこれだけのコスト削減が可能です!
削減労務費
484,000
- レンタル料(2台2週間)
125,000
- レンタル料(2台2週間)
125,000
= \234,000 のコスト削減!

 

ケース2:Oビル(福岡市内)

img02

 

  • 施工m2:2400m2 6階建 くさび式足場
  • 手摺:内2外2 幅木:各層 落下防止ネット :2階層 メッシュシート:全面

 

  手揚げ(予定) 猿鳶太助(実績) 比較
組立 人工数:2,400m2÷40m2/人=60人
労務費:60人×@20千円=1,200千円
人工数:2400m2÷61.5m2/人=39人
労務費:39人×@20千円=780千円
人工数 21人工減
労務費 336千円減
解体 人工数:2,400m2÷60m2/人=40人
労務費:40人×@20千円=800千円
人工数:2,400m2÷82.8m2/人=29人
労務費:29人×@20千円=580千円
人工数 11人工減
労務費 176千円減
合計 総人工数:100人
総労務費:2,000千円
総人工数:68人
総労務費:1,360千円
総人工数 32人工減
総労務費 640千円減
※猿鳶太助をレンタルしてもこれだけのコスト削減が可能です!
削減労務費
640,000
- レンタル料(2台2週間)
125,000
- レンタル料(2台2週間)
125,000
= \390,000 のコスト削減!

 

ケース3:Sマンション(福岡市内)

img03

 

  • 施工m2:4600m2 9階建 くさび式足場
  • 手摺:内2外2 幅木:各層 落下防止ネット :2階層 メッシュシート:全面

 

  手揚げ(予定) 猿鳶太助(実績) 比較
組立 人工数:4,600m2÷40m2/人=115人
労務費:115人×@20千円=2,300千円
人工数:4,600m2÷46.2m2/人=99.5人
労務費:55人×@20千円=1,100千円
人工数 15.5人工減
労務費 248千円減
解体 人工数:4,600m2÷60m2/人=76.7人
労務費:40人×@20千円=800千円
人工数:4,600m2÷83.6m2/人=55人
労務費:55人×@20千円=1,100千円
人工数 21.7人工減
労務費 347.2千円減
合計 総人工数:191.7人
総労務費:3,834千円
総人工数:154.5人
総労務費:3,090千円
総人工数 37.2人工減
総労務費 744千円減
※猿鳶太助をレンタルしてもこれだけのコスト削減が可能です!
削減労務費
744,000
- レンタル料(2台1ヵ月)
218,000
- レンタル料(2台2週間)
125,000
= \401,000 のコスト削減!

 

約27%の労務費削減を達成!

猿鳶太助を使用することにより、労務費削減や工事スピードのアップが図れ、平均約27%の労務費削減を達成しました。また、落下事故リスクの軽減により、安全性も向上します。
(※現場の状況によって労務費削減の割合は変わります。)

足場作業用リフトの猿鳶太助 / 株式会社アイル
〒819-0036 福岡市西区吉武333-3
TEL:092-811-8100 FAX:092-811-8103
Copyright(c) 2014-2018 Ill Co.,Ltd Allright Reserved.