建設作業員・職人超不足時代の決定打

建設作業員・職人超不足時代でも、少人数で足場工事がスイスイ

東北復興工事や景気の上向きによる受注増などで、全国的に職人が不足している建設業界。例えば、建設工事に欠かせない足場の組立てなども思うように進まない現場が多いようです。そんな現場で足場材の荷揚げに大活躍するのが足場作業用リフト「猿鳶太助」です。

 

わずかな人数で荷揚げ・荷下し作業が可能!

従来の足場工事ですと、作業員さんが各階層に立ち、足場材を1本1本、手渡ししながら上へ上へと揚げていました。そのため、高層の建設現場になるほど、より多くの作業員さんを確保しなければなりませんでした。しかも、工事にどんなに慣れた作業員さんでもしばらく経つと腕が上がらなくなり、作業効率が低下。疲れから荷を落としかねず、安全面で課題がありました。

足場作業用リフト「猿鳶太助」を使えば、重さ120キロまでの材料を荷揚げ可能。標準的な900ミリ鳥居型建枠であれば一度に8本まで揚げることができます。1回の荷揚げで8人分の働きをするのです。また、人を介しませんから作業効率の低下もありません。リフトは長方形のカゴ状で、足場材が荷崩れしないよう安定して積めるよう設計。リフト落下などに対応した安全装置も組み込んでおり、安心してお使いいただけます。

ketteida_img2

ketteida_img3

 

現場への人員配置が超ラクラク

建設現場で一番苦労するのが作業員さんの手配でしょう。特に今の人手不足は、派遣担当者さんにとって頭痛の種。また、現場工事の依頼主様はできたら現場に慣れている同じ作業員さんを連日、派遣してほしいと望まれますので、ますます頭が痛くなります。

足場作業用リフト「猿鳶太助」を使えば、個々の現場に応じて最低必要人数での作業を可能にしますから、作業員さん集めに苦労することも少なく、作業段取りも非常にラク。労務費削減にもつながります。また、より多くの現場に効率よく作業員さんを派遣できますから、売り上げアップにも貢献します。そして、より少ない作業員さんであれば、現場責任者さんが気疲れすることがあまりなくなるという隠れたメリットもあります。

 

足場作業用リフトの猿鳶太助 / 株式会社アイル
〒819-0036 福岡市西区吉武333-3
TEL:092-811-8100 FAX:092-811-8103
Copyright(c) 2014-2018 Ill Co.,Ltd Allright Reserved.